アシュタンガ ハーフプライマリーレッドクラス

お問い合わせはこちら

アシュタンガ ハーフプライマリーレッドクラス

2020/01/17

アシュタンガヨガとはヨガの聖地である南インドの都市マイソールで生まれたヨガのスタイルで

とても運動量の多いヨガです。

アシュタンガヨガではよく「レッドクラス」「マイソールクラス」という言葉が使われています。

LED(レッド)クラスの「LED」とは、「導く」という意味で、インストラクターのガイドによって”導かれて”行うヨガクラスの事です。

他の通常のヨガもこれに近いかと思いますが、アシュタンガはアサナ(ポーズ)の順番が決まっています。


ティルマラ・クリシュナマチャリヤ師(Tirumalai Krishnamacharya / 1924〜1989)によって

作られ、現在全世界に広がっています。
アシュタンガとはサンスクリット語で「八支則(八本の枝)」という意味を持ちます。
ヨガの経典『ヨガ・スートラ』では「八支則」をこのように解説しています。
•ヤマ(Yama/禁戒)
•ニヤマ(Niyama/勧戒)
•アサナ(Asana/坐法)
•プラーナヤーマ(Pranayama/呼吸)
•プラティヤーハーラ(Pratyahara/感覚の制御)
•ダーラナ(Dharana/集中)
•ディヤーナ(Dhyana/瞑想)
•サマーディ(Samadi/三昧)
アシュタンガヨガを行うことで「八支則」を全て実践できると言われています

日時
3月22日(日)7時半スタート(1時間半)
料金
3,000(税別)/ヨガフェス特別価格
場所
ヨガスタジオMAKOTO

講師紹介

田中由希

1998年 長女を妊娠中に出会ったマタニティヨガがきっかけでヨガを始める。
2007年 ヨガの指導を始める。
2008年 アシュタンガヨガに出会う。
2010年 インドのマイソールで練習。

現在、IYC荻窪、神保町、九段飯田橋スタジオで、アシュタンガヨガのクラスを受け持つ。
また、都内埼玉県内各所フィットネスクラブでクラスを持つ。
地元埼玉県朝霞市にて、アシュタンガヨガ朝霞主宰。

・IYCアシュタンガヨガ指導者養成コース修了
・IYCキレイになるヨガ指導者養成コース修了
・龍村修 健康YOGA&呼吸法 インストラクター養成コース修了
・アナデイビスによるマタニティヨガ&産後ヨガインストラクター養成コース修了
・経絡ヨガインストラクター養成コース修了
・ヘルパー2級 実務経験3年